スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ミュージカル「Rock of Ages」
2011/11/13(Sun)
11日(金)ロックミュージカル「ロック・オブ・エイジス」を見に行ってきました。
主演はT.M.Revorutionの西川君、そして島谷ひとみさん。
80年代の有名なロック曲がたくさん使われているので、ミュージカル俳優さんを
主演に持ってこなかったんは正解じゃないでしょうか。

実は、このミュージカル、2年前にN.Y.出張に行ってた時に、ブロードウェイで1度見た事のある作品なんですが、なんせ私は英語がさっぱりなので、その時は5行以内に納まりそうなざっくりした内容しかわからず、あの時つかみきれなかった“おもしろさ”を期待しつつの観劇でした。

で、見て思った事は、ストーリーは言葉がわからなくっても大丈夫だったんだって事(笑)。
わからないなりに理解してたストーリーはだいたい合ってました。
残りの部分は役者の力によるところが大きく、今回は、なたぎ武&川平慈英の掛け合いがかなりの笑いの部分のウエイトとしめてましたね。個人的にはなたぎさんはツボでした。ロスにいるアメリカ人の役だなんて、どうしても
あのコントを思い出しますよねぇ。

ところでN.Y.で見た日の日記をさっき読み返してみたんですが、この作品の感想を
『会場はノリノリで大爆笑もしょっちゅう。アメリカで見るからこそ楽しい作品。日本では無理』と書いてました。日本では無理と言い切ってますね、私。
やっぱ音楽の土台と、ロックスターを夢見るアメリカンストーリーは、アメリカでこそしっくりくるし、見る時のお客のノリ方と、お客の笑い方のレベル、舞台との一体感が比べものにならないとあの時思ったんでしょうね。

それでも日本で見た今までの舞台の中では、最高にお客のノリのいい今回の舞台でした。
アンコールで西川くんが「初日なのに、千秋楽のような盛り上がりで」と言ってましたが、
まさにそんな感じ。
今回立ち見席もでてましたが、この作品なら立ち見もアリだな。


2011111120190000.jpg





スポンサーサイト
この記事のURL | ミュージカル | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<鹿児島の郷土菓子「げたんは」 | メイン | mixiアプリ遊び>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://camacamamoomoo.blog47.fc2.com/tb.php/400-241421e7

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。