スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
歌舞伎「仮名手本忠臣蔵」 at国立劇場
2010/12/19(Sun)
今日は国立劇場に歌舞伎を見に行ってきました。

歌舞伎は元々好きだったのですが、東京に出てきてからはすっかりご無沙汰で
かれこれ5~6年ぶりぐらいかしらん?

今回見に行ったのは、歌舞伎の演目の中でも大作である「仮名手本忠臣蔵」
そしてメインキャストは松本幸四郎&市川染五郎親子という、ワタシが苦手としているお2人でした。
なので、本来ならば作品よりも人で見るものを選ぶ私なので、このキャスティングだと見に行かないとは思うんですが、秋から月1回、カルチャースクールで【歌舞伎はここを観る】という講座を受講してて、その講座というのが「仮名手本忠臣蔵」についての解説や見所を聞き、実際歌舞伎を見てみるというものだったので、今回は行って来ました。

結果を言えば、見に行ってよかった!!
事前に解説も聞いていたので、話も頭に入りやすかって楽しめたってのもあるんですが、それよりも中村福助さんのお軽ちゃんがめちゃめちゃかわいかった!!!
あ~もうかわいすぎて胸キュンですよ(笑)
福助さんは、昔からファンだったのですが、今回の役で惚れ直しました。

そういえば福助さんと言えば、ワタシが最初に舞台を見た時は中村児太郎さんというお名前だったのですが、今回の舞台には、福助さんの子供で、現・中村児太郎さんが立派な青年になって出演されてました。
昔「児太郎さんステキ!」なんて言っていたのに、一世代下の新しい児太郎さんを見るなんて・・・
何だかすごく自分は年をとったんだって実感しちゃいました。

で今回の舞台なんですが、タイトルでわかるように忠臣蔵の話だったんですが、ツッコミどころも満載でした。
何よりも一番のツッコミどころは、高師直(吉良上野介)と大星由良之助(大石内蔵助)が両方松本幸四郎だった事でしょうね。敵討ちに自分を切りに行くんかいっ!!
他にも、お軽ちゃんと駆け落ちした早野勘平と、お軽ちゃんのお兄さんの寺岡平右衛門の両方の役を染五郎が演じているし。頭ん中で大混乱を起こしていました。

でも、やっぱり歌舞伎は面白いなと改めて思いました。
また時々見に行こうかな。
スポンサーサイト
この記事のURL | ミュージカル | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<お寺での元日 | メイン | 同窓会?>>
コメント
- 承認待ちコメント -
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/02/06 16:02  | | #[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://camacamamoomoo.blog47.fc2.com/tb.php/377-57ed9982

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。